模倣品対策支援とは

自動車を安全に走行させるために、各社の予めあらゆる想定の試験にパスした高品質な部品が重要です。
日本自動車部品工業会(JAIPA)でも模倣品に対する対策強化を進めております。
ある国では、模倣品に起因すると思われる年間の死亡者数が2万5千人、負傷者数が9万3千人との報告がされています。(出展:JAPIA)
自動車は鉄のかたまりでありその中の重要パーツが模倣品であることは、人の命を奪う可能性、製造元会社のブランドの失墜の可能性を視野に予め、用意周到の準備が必要です。

弊社では商標登録から商標権・意匠権の侵害に対する民事・刑事訴訟、行政処分による戦い方までご支援致します。
昨今では模倣品が進化して、日本企業と同等レベルのノンブランド製品が市場に出回っております。
しかし、そのノンブランド製品は難なく税関を通り、とある場所でパッケージ化され高額で本物であるように売られております。

ある程度品質は高いが日本企業が誇るレベルでないため、世界各国からのクレーム対応に自動車部品企業が苦慮されえいる状況を弊社では証拠をつかんで有効なM&A及び第二ブランド化までのプロセスを進めることをご支援致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>